Video

持続可能な人間社会へのメッセージ「近年増加する家族間事件に対する予防策としての新提言」谷 泰乃

家族間の痛ましい事件がニュースで流れる度に、日本中から悲鳴が聞こえてきます。
親子や兄弟姉妹間の憎しみや争いは、人類が超えるべき大きなテーマですが、有史以来、連綿と続いてきました。
父親が開業医という恵まれた家庭環境で育ち、明るくポジティブな彼女でも、
常に不足感を抱え、人生につまずく度に両親や環境を恨んできたと言います。
そして自分が親になると、我が子にダメだしばかりの嫌な母親になり、
育児に限界を感じていた時、MIROSSに出会ったのです。
自分で自分を否定しておきながら、家族を加害者にして憎んでいたというバカバカしさに気づき、
初めて自分を認めることができた時、両親への憎しみは消え、
我が子のあるがままの姿に愛おしさが溢れ、人生は根底から再生していきました。
従来の思考では争い事は絶えません。
全く違う新次元の思考テクノロジーで、人間が自分を愛し認めることができた時、
家族は再生し、家族間事件は根絶すると、彼女は提言しています。