Video

持続可能な人間社会へのメッセージ「後回しにされた中高年ひきこもり『社会からの孤立』」長澤 良

2019年、川崎市で発生した児童無差別殺傷事件、それに連動して起きた元農林水産省事務次官の長男殺害事件。そこに中高年のニート、ひきこもりが関与していたことから、世間で一気に注目を浴びた8050問題。自分もその一人だったという彼が、テクノロジーで自分を解体し、そこから脱却した体験を語ります。社会から疎外され孤独感に苛まれてきた人生が、実は自分を疎外していた張本人は自分だったというカラクリを見破ります。認めて欲しい…と自分に注目を集めることよりも、高次な視点から-自分に注意を向けること-その強烈な感覚で自分を知っていくことで、結婚し、家庭を持つという、過去の自分には想像もできなかった幸せを手にしました。新しい視点と捉え方で、この社会課題に明るい見通しを与えてくれています。